無知の知菴 〜悪性リンパ腫罹患者の日常〜

結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫と診断され、経験した事、学んだ事、思う事。

がんについて

三度目のPET-CT

2017年11月4日(土)晴れ。 今日は抗がん剤の治療効果を評価する為、S病院のクリニックでPET-CTを撮影する事になっています。 しかしながら、実は前日の段階で舌と喉に痛みがあり、この状態では診断に影響が出るのではないかという危惧があります。 何しろ、…

抗がん剤治療その⑧ AVD療法2クール目後半

2017年10月20日(金)曇り。 台風21号が近付いて来ています。 今日はAVD療法2クール目後半。 いつものように総合受付を済ませ、まずはオンコロジーセンターへ向かいます。 受付に行くと、今日は非常に患者さんが多いですね・・・椅子が空いてません。 僕はい…

「ごま鯖」が食べたい(そして今度は胃がん・・・)

2017年9月7日(木)曇り。 昨日から天気が悪くて、少し肌寒いです。 この日の仕事中、妻から 「いつものお魚屋さんに行くけど、希望ある?」とメールが来たので 「良いサンマがあれば食べたい」とリクエストしました。 僕はサンマの塩焼きが大の好物で、生の…

セカンドオピニオン(国立がん研究センター中央病院の場合)

2017年8月30日(水)曇り。 この日は、セカンドオピニオンを求めて、国立がん研究センター中央病院へ。 ここは「がん研究会有明病院」と並ぶ「がん治療の聖地」とも言える病院ですが、いや、すごい患者の数ですね・・・。 まぁ、恐らく、全国から患者さんが…

気管支鏡生検の(暫定)結果と今後の治療方針

2017年8月23日(水)晴れ。 久し振りの猛暑日で、暑いですね。 今日は、先日の気管支鏡生検の結果等を踏まえ、血液内科で今後の治療方針を確認する事になっています。 総合受付で機械から出て来た受付票を確認すると、今日も血液検査が入っています。 何だか…

暗転(PET-CTの結果を受けて)後編

造影CTの撮影後、再び血液内科へ向かいます。 そんなに待たされないと思っていたんですが、意外な事に2時間近く待たされた後、診察室へ。 時間がかかったのは、今回の撮影結果について、血液内科・呼吸器内科・放射線腫瘍科の医師達で協議をしていた為のよう…

暗転(PET-CTの結果を受けて)前編

2017年8月14日(月)曇りのち雨。 お盆の気候とは思えないほど、気温が低くて涼しいです。 この日は、先日撮影したPET-CTの結果を聞きにS病院へ向かいます。 総合受付を済ませ、血液内科の受付へ行くと 「血液検査の指示が出ていますので、採血をお願いしま…

PET-CT再び(ABVD療法の治療効果判定)

2017年8月10日(木)曇り。 今日は、S病院のクリニックでPET-CTの撮影です。 前回の撮影時は、あまり余裕を持たなかった為にバタバタして、皆さんに迷惑を掛けてしまいました。 bonyoh.hatenablog.com その時の反省を踏まえ、今回はかなり余裕を持って伺いま…

子宮頸がんの検査結果

2017年7月17日(月・祝)晴れ。 今日は「海の日」ですね。 今朝、起きると、枕の上に抜け毛を発見。 詳しく見てみましたが、毛根側が極端に細くなっており、段がついている物もあったりしますので、これは抗がん剤による「脱毛」だと思われます。 このような…

乳がんに肺がん!?

2017年7月12日(水)晴れ。 しばらく続いていた左腕の血管痛ですが、この辺りで、ようやく落ち着いて来ました。 とりあえず、これには一安心です。 ただ、睡眠障害の方は相変わらず続いており、こちらは、ちょっと仕事に支障があるレベル。 何しろ、絶対的な…

子宮頸がんの検査へ(そして何故か博多うどん行脚の始まり)

2017年7月1日(土)曇り。 この日は、妻の子宮頸がんの検査です。 最近、不正出血が続いているらしく、妻の行きつけのクリニックで相談した結果、まずは細胞診を行なう事に。 何事も無ければ良いのですが・・・。 しかし、夫婦揃って同時に「がん」とか、本…

小林麻央さん逝去の報道で改めて思う事

2017年6月23日(金)晴れ。 湿度も低く、気持ちの良い天気です。 この日、小林麻央さん逝去の報道がありました。 僕は、小林麻央さんや、彼女の家族・親族の方々と面識があった訳でもありませんが、何と言うべきか、純粋に、お悔やみ申し上げます。 以前の記…

がん家系?

前回の記事で、僕は以前から、がんになる事を確信していたという事を書きました。 今回は、その辺りの事について、少し詳しく書いてみたいと思います。 僕の父は、結腸を原発とするがんを患い、最終的には、色々な臓器に転移をして亡くなりました。 父の兄は…

確定診断を受けて

確定診断が出た日、帰宅してから週末にかけて、妻と色々と話をしました。 がんになってしまった事自体は、どうしようもありません。 まずは現実と向き合い、治療するのみです。 実は、僕は以前から妻に「確実に、がんになると思うよ」と話していました。 妻…