無知の知菴 〜悪性リンパ腫罹患者の日常〜

結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫と診断され、経験した事、学んだ事、思う事。

確定診断までの経緯その① 首の腫れ

確か、2017年1月30日(月)の事だったと思います。

 

僕は平日、シャワーを浴びてから出勤します。

その日も、いつも通りシャワーを浴びていたのですが、首の左側を洗った時、少し痛みを感じました。

「少し」と書いた通り、そんなに強い痛みではなく、風邪をひいた時などに、たまに身体の一部が痛むのと似た感じです。

実際、その時も「風邪でもひいたかな」と思いつつ、のんびりとシャワーを浴びていました。

 

シャワーから出て、いつも通りに身支度を整えていた際、念の為に鏡で首を見てみると、首の左側が全体的に少し腫れているのが分かりました。

手で触ってみたところ、腫れは柔らかく、しこりのような物も確認出来ません。

一応、熱も測ってみましたが、平熱です。

 

「何か菌でも入ったかな。気合い入れて行こう」

そう思いながら、家を出ました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------- 

首に痛みがあったのは、その日だけでした。

翌日以降、シャワーを浴びる際にも痛みを感じなかった為、首に痛みがあった事自体をすぐに忘れました。

 

が、です。

数日後の2月2日(木)夜、仕事から帰って来て、自宅の洗面所で何気なく鏡を見ると、首の左側が明らかに腫れているのを発見しました。

僕は痩せていて、首も細い方です。

通常、首を正面から見ると、両サイドは、少しえぐれたようなカーブを描いています。

 

)( ←こんな感じ。

 

しかし、その時は、首の左側が全体的に腫れていた為に、まるで首が曲がっているかのように見えました。

 

( ( ←鏡に映った状態なので、こんな感じ。

 

さすがにぎょっとして「これは、まずいかも知れない」と思いました。

ただ、触っても痛みは無く、熱もありません。

 

「一体、何が起こっているんだ?」

 

少しだけ意識が遠のき、膝と肘の裏、そして顎の下にベタリとしたものを感じました。

 

その時の僕は、恐らく、難しそうな顔をしていたのだと思います。

リビングに戻ると、僕の様子が変な事に妻が気付いたのが分かりました。

 

「とと(と妻子からは呼ばれています)、どうしたの?・・・って言うか、ちょっと待って!首!!どうしたの、それ!?」

 

僕は、冬場は、ほぼ毎日タートルネックのシャツを着ています。

その日は、たまたま洗濯が間に合っておらず、タートルを着ていませんでした。

少し(なのかどうかは今となっては分かりませんが)発見が遅れたのは、この為です。

 

「いや、自分でも今、気が付いて・・・腫れてるよね?」

 

「すっごい腫れてる!何!?首が曲がってるみたいに見える!痛い?熱とかある?」

 

「いや、それが痛くも無けりゃ熱も無くて・・・」

 

「とりあえず病院行こう!救急行こう!」

 

自宅の近くにはS病院があり、そこの救急窓口へ行こうと妻は言います。

が「腫れている」という事以外に特段の症状は無く、救急に行くのは適切ではない気がしました。

 

「とりあえず、明日、会社の近くのクリニックに行ってみるよ」

 

 「地域医療連携」ってやつですね。

まずはクリニックに行って、必要となれば紹介状を書いてもらって急性期病院等に行くと。

 

僕としては、その意義も充分に理解しているつもりなので、上記の様なステップを踏む事にした訳です。

が、今回の件に関しては、そういう「お行儀の良い行動」が非常に大きなロスを生む事になってしまいました。

 

この問題に関しては、また別のカテゴリーで論考出来ればと思います。