無知の知菴 〜悪性リンパ腫罹患者の日常〜

結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫と診断され、経験した事、学んだ事、思う事。

確定診断までの経緯その③ J病院へ

何故、形成外科なのか?

 

基本的な疑問は消えませんでしたが、とにかく、J病院に向かいました。

 

まずは総合受付に向かい、そこから形成外科の受付へ。

ここで、問診票などを記入させられます。

病院の問診票には色々なタイプの物があると思いますが、家族の病歴なんかを書かされる物も存在します。

これについて、少し思う所もあるのですが、とりあえず、今回は触れない事にします。

何かの機会に言及出来ればとは思うのですが。

 

20分ほど待った所で、名前を呼ばれ、診察室に入ります。

先ほどのクリニックに対して行ったのと同様の説明をした後、触診。

 

「うーん、結構腫れてますね。柔らかいな。ちょっと他の部分も触らせてもらって良いですか?」

 

医師は、首の反対側、脇の下、鼠蹊部を触診。

 

「他のリンパ節には腫れはありませんね・・・何だろうな」

 

「可能性としては何が考えられますか?」

 

「うーん、まぁ、色々あるんですが・・・ただ、正直な所、ちょっと現状では、何を検査するべきかも判断がつきません。少し様子を見る事にしましょう。3週間後に、また来て下さい

 

「3週間?そんなに様子を見るんですか?」

 

「その位、空けて良いと思いますよ。もし、その間に熱が出たり、腫れが大きくなるようでしたら、すぐに連絡して下さい。」

 

その後、医師は、現状を記録しておきたいからと言って、コンパクトカメラで首の写真を撮影し、その日は帰されました。

要するに、放置です。

 

まぁ、その時は「どうも緊急性は高くないと判断されたという事だろう」と考え、内心ほっとしていました。

 もう少し言えば、当時、ろくな知識が無いにもかかわらず「悪性リンパ腫なのではないか?」と考えていた部分があった為、血液検査等が行われなかった事に、安堵していたのかも知れません。

 

冒頭の「何故、形成外科なのか?」という疑問は、別の言い方をすれば「血液内科に行くべきじゃないのか?」と考えていた、とも言えます。

 

とりあえず、会計を待っている間、妻に電話。

クリニックからJ病院への流れと、医師とのやりとりについて簡単に報告し、職場へ戻りました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------- 

その日、自宅へ戻ると、妻と改めて話をしました。

 

実は、妻には、結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫(つまり僕と全く同じ病気)に罹患し、寛解後5年以上経過している友人がいます。

40歳で発病し、現在(2017年7月時点で)47歳の男性(M氏)です。

妻は、M氏の発病当時の様子と比較して、僕のケースが「もしかしたら同じ病気かも」と思い、M氏に電話を掛け、色々と聞いたそうです。

ちなみに、M氏はJ病院で全ての治療を行いました。

 

 M氏は妻の話を聞くと「あー、それ俺の時と同じやわ。すぐ血液検査した方がええで」と言ったそうです。

 

そういう話を聞くと

「やっぱり別の病院に行って、血液検査とか、してもらった方が良いよなぁ」

という考えと

「大学病院で診てもらった上で検査されなかったんだから、大丈夫に決まってる」

という考えが拮抗します。

 

妻とも色々と話をした上で、その日の結論としては「とりあえず様子見」に落ち着きました。

M氏が「俺の時と同じ」状態と言ったにもかかわらず、同じJ病院で、血液検査を実施されなかった事には、それなりの理由があるのだろうという話になった為です。

しかし、何故、血液検査等が行われなかったのか?

今から考えれば、その当時、クリニックやJ病院としては、脂肪腫の可能性を最も疑っていたんじゃないかと思います。

そう考えると、色々と辻褄が合いますからね。

 

それにしても、この病気は(個人的な推測で)人口の0.001〜0.002%程度の罹患率なので、この2人が遠からぬ関係にあるというのは、割とレアな事なのかも知れません。

もし機会があり、かつM氏にご了承頂ければ、彼の闘病経過等も記述出来ればと思います。