無知の知菴 〜悪性リンパ腫罹患者の日常〜

結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫と診断され、経験した事、学んだ事、思う事。

確定診断までの経緯その④ J病院再診

2017年2月24日(金)晴れ。

2月3日(金)にJ病院を受診して、3週間が経過しました。

予約していたJ病院へ向かいます。

 

その間、首の状態に、多少の変化がありました。

まず、全体的な腫れは、多し収まりました。

 

|( ←鏡に映った状態で、こんな感じ。

 

一方、触った感じとしては、3箇所位に、少し硬い部分を感じられるようになりました。

痛みや発熱は、相変わらずありません。

さて、この状況を、どう判断されるでしょうか。

 

J病院の形成外科で受付を済ませ、ベンチに座って待ちます。

実は3週間前に来た時にも感じていたのですが「お母さんと赤ちゃん」という組み合わせの患者さんが多いのを、その時は意外に感じていました。

 

後に勉強して分かった事ですが、乳幼児や、そのお母さんにとって、形成外科を受診する事は珍しい事でも何でもないようです。

妻にも

 

「あのね、赤ちゃんって言うのは、とっても、とってもデリケートなの。

だから、色々と問題は出るよ。

赤ちゃんだけじゃなく、お母さんにも色々と問題は出るし。

特に産後、2〜3年位まではね。

うちは、たまたま形成外科には行く必要が無かっただけで、別の科には行ったでしょ?

それと同じで、形成外科の受診“も”すごく普通の事なんだよ。

会社でも、お子さんが産まれた方が何人もいる訳でしょ?

ととが、そういう事をちゃんと理解してないと駄目だと思うよ」

 

と(多少、非難めいた口調で)言われました。

そりゃそうだなと反省。

自分の視野の狭さを、改めて痛感します。

 

さて、僕の病気の話に戻ります。

 

診察室に入り、これまでの経過等について簡単に説明した後、触診。

 

「あぁ、2箇所・・・いや、3箇所か。少し硬い部分が分かるようになりましたね。」

 

「はい。こういうケースの場合、疑われる原因は何ですか?」

 

「うーん、まだ分からない事の方が多いと言うのが正直な所です。ただ、初診から3週間経った現在も腫れが続いていますので、一過性の炎症では無いでしょうね」

 

そして、医師は僕に、MRIを撮影しようと言いました。

これまでMRI検査を受けた事はありませんでしたが、その時のイメージとしては「磁気を使って身体を輪切りにする検査」。

精密に検査をして貰える訳で、僕としては特に異存はありません。

 

「で、具体的な日付なんですが・・・えーっと、最短で3月17日ですね」

 

3月17日って、また3週間後です。

 

「いや、あの、もうちょっと早くなんないですかね?」

 

「うーん、予約で埋まっちゃってますから、無理ですね」

 

これも後になって分かった事ですが、MRIやCTは、特段の緊急性が無ければ1ヶ月位先にならないと予約が取れないのはザラなんだそうです。

まぁ、非常に高価な機械ですから、良く考えれば当然の事なんですけどね。

ただ、その時の僕としては

 

「3週間放置して、更に3週間後に検査して、どうせ結果が出るのに1週間とかかかるんだろ?2ヶ月近く何もしなくて大丈夫なのかよ?」

 

という気持ちでした。

 

「何か他の検査はしないんですか?」

 

「うーん、今の所、しなくて良いでしょう」

 

これが医師の判断として妥当な物なのかどうかは分かりません。

疑問に感じたのなら、その場ではっきり聞いてみるべきだったのかも知れません。

それをしないで、ゴチャゴチャ言うべきではないのかも知れません。

 

僕が色々、モヤモヤと考えていると、医師は

 

「状態を記録する為に、写真を撮影しますね」

 

と言い、首の写真を何枚か撮影しました。

 

「あの、状態を比較するんなら、前回と同じ様に撮影しないんですか?」

 

実は、前回の診察時に写真を撮られた際は、看護師さんにグリーンバック用の布を持ってもらって撮影をしていました。

画像の切り抜きをし易いようにでしょう。

が、今回は特に何も持たず、そのまま撮影をしたので、疑問に思った訳です。

すると

 

「あれ?前回、写真撮りましたっけ?うーん、保存されてないなぁ・・・」

 

これで、僕の考えは決定的となりました。

 

「こりゃ別の病院に行った方が良いな」

 

診察終了後、そのまま神戸へ出張。

戻りは土曜の夜の予定です。

 

大きな病気にかかってるのかも知れないのに、出張とか休日出勤とかしてる場合なんだろうか、ほんとに。