無知の知菴 〜悪性リンパ腫罹患者の日常〜

結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫と診断され、経験した事、学んだ事、思う事。

確定診断までの経緯その② 職場近くのクリニックへ

2017年2月3日(金)の昼過ぎ、職場近くのクリニックへ向かいました。

 

そのクリニックを選んだのは、以前、行った事があり、診察券を持っていたから、というだけの理由です。

正直に言えば、今現在も個人的には、そのクリニックに対し、あまり良い印象は持っていません。

具体的な理由を述べるのは避けますが。

 

とにかく僕としては、どこかの診療所で診てもらった後、どこかの急性期病院に紹介状を書いてもらうつもりだったので、最初に受診する医療機関は、別にどこでも良かった訳です。

 

受付を済ませ、20分ほど待った後、名前を呼ばれて簡素な診察室に入りました。

 

医師に対して簡単な状況説明を終えると、触診が行われました。

 

「うーん、確かに首の左側が全体的に腫れてますね。腫れは非常に柔らかくて、しこりのような物はありません。その他のリンパ節にも腫れは無いようです。何ですかね・・・」

 

医師は、そう言うと、まずはレントゲンを撮ろうという事になりました。

レントゲンの撮影後、しばらくして再び診察室に呼ばれ、医師と話をしました。

 

うーん、確かに首の左側が全体的に腫れてますね

 

「はぁ(そりゃそうだろう)。何が原因なんでしょう?あるいは、何の病気が疑われるんでしょう?」

 

「うーん、分かんないですね」

 

「・・・あの、割と腫れてもいますんで、分からない、ってだけなのも困るんですが」

 

「そうですね・・・このクリニックだと、診断はつけられそうにありませんので、大きな病院で診てもらった方が良いでしょうね。うちでは通常、J病院に紹介状を書くんですが、それで宜しいですか?」

 

僕は紹介先の病院について、少し考えました。

J病院は、職場の近くにあります。

そして、自宅の近くにはS病院がある。

僕の場合、他の候補としては、地理的にはT病院、その他の諸要因からするとK病院あたりが有力な選択肢です。

色々な考えはあるとは思いますが、結論として、S病院に紹介状を書いて貰う事にしました。

 

「分かりました。で、何科にするべきなのかな・・・うーん・・・」

 

「リンパだと、耳鼻科とかですか?」

 

「うーん、一概にそうとも言えないんですが・・・形成外科かなぁ・・・」

 

「形成外科!?」

 

その時、クリニックの医師の頭に何があったのかは分かりません。が、結論として、形成外科に紹介状を書いてもらう事になりました。

 

紹介状を受け取り、オフィスに戻ってから、S病院に電話を掛けました。

S病院の予約電話は、以前にも掛けた事があり、非常につながりにくいイメージがありました。

その時も、電話がつながるまで、10分ほどかかったと思います。

 

電話がつながった後、形成外科に予約を取りたい旨を伝えます。

すると「紹介状は、具体的な医師に対して書かれていますか?」と。

 

「いや、詳しくは分かりませんが、多分、名指しはされてないんじゃないかと」

 

「では、最短で2月14日になりますが、宜しいですか?」

 

「は!?」

 

10日以上後って・・・いくらなんでも、ちょっと遅過ぎます。

時計を見ると、時刻は14時少し前。

まだ、幾つか対策を取るのに充分な時間があります。

とりあえず、S病院での予約は取らず、一度、電話を切る事にしました。

 

電話を切ってすぐ、J病院に電話。

S病院とは異なり、すぐに電話がつながりました。

電話に出て頂いた方に、仮に今、具体的な医師名が記載されていない紹介状を持って行ったとして、形成外科を予約するとなると、最短でいつ受診可能かを確認します。

 

「15時までにご来院頂ければ、本日、受診して頂けます」

 

礼を言い、電話を切った後、紹介状を持って、さっきのクリニックに向かいます。

 

「あの、さっき、こちらを受診して、S病院宛に紹介状を書いて頂いたのですが、J病院宛に変更して頂く事は可能でしょうか?」

 

受付の方に、そう尋ねると、快く対応して頂けました。

便宜を図ってもらっておいて、こう言う言い方はなんだとは思うのですが、そのクリニックに対して良い印象を持ったのは、現在に至るまで、後にも先にも、その時だけです。

本当に、客なんて勝手なもんですね。

 

とにかく、書き直してもらった紹介状を持ち、そのままJ病院へと向かいました。